第6回 嫁との出会いは出会い系

嫁との出会いは出会い系だった。

俗に言うマッチングアプリだ。

マッチングアプリといえば聞こえはいいが、所詮は出会い系。

中々家族や知人には言いにくい。

実際、いまだに誰にも言ってない。。

、、、

世間ではほんとに流行っていると思う。メディアでもよく取り上げられているし、友達も公言している人も多い。

今日はマッチングアプリの良さを伝えたいと思う。

<メリット>

①まず周囲にほぼバレない

中々始めれないという人は周囲にバレるのでは、と不安に感じているからではないか。

だがまずバレない。自分の写真やプロフィールを他人に見られるのは異性だけ。異性の友達が多いのならバレてしまう可能性もあるかもしれないが、そんな奴はすぐに恋人ができるはずだ。

この手のアプリは同性が見れない仕組みになっているものが多い。だからそこは安心してほしい。

②コストパフォーマンスがめちゃくちゃ良い

マッチングアプリは有料と無料のものがあるが(女性は無料が多い)、断然有料のほうをオススメする。

無料で出会えるのは写真映えする奴だけ。つまりイケメンや美女は無料でも楽に会える。しかし無料系はヤリモクや勧誘、業者が多いので注意してほしい。

有料と言っても1か月3000〜5000円程度。高く感じるかもしれないが、考えてほしい。婚活パーティーはいくらだ?合コンはいくらだ?街コンは?それらでお目当ての女性に会える確率は?

次につながる相手と出会える可能性は経験上せいぜい4,5回に1回か、もっと低いかもしれない。(僕が顔面性格ブ男ということを忘れないでほしい)

単純計算で1回辺り5000円くらい会費がかかるとして、その他諸々で進展出来そうな相手と遭遇するまでに約30000万円以上はかかる。そしてもちろん時間もかかる。

ところがどっこいマッチングアプリはどうか。次に進展する可能性がある相手と月に何人と会えるだろうか。

あくまでも僕の経験上ではあるが、月に3人以上は確実に会える。

しかもその3人は厳選した3人である。ちなみに会おうと思えば10人ほど会えると思う。

マッチングアプリでは相手の細かなプロフィールと顔写真、そしてチャット形式のやりとりを何回でもできる。

やりとりの中でちょっと合わないなと思えばやりとりを辞めたらいいし、会わなくてもいい。

まずはマッチングしないと(いいねをお互いし合う)やりとりはできないが、

マッチングすること自体は僕みたいなブ男でも、写真とプロフィールを頑張れば月に50人くらいはマッチする。

少しくらいなら嘘もついていいと思う。

僕は身長を2センチほどサバを読んだ。(嫁には会った初日にバレた)

※相手も本気なので後に響く嘘は控えましょう。

1か月5000円で既にチャットで仲良くなりかけている3人の異性と会えるのはチャンスが広がるし、断然コスパが良いと思う。

もちろんその会えた人が当たりかハズレかは実際会って話してみないとわからない。

ズキューンとストライクド真ん中の相手と付き合えたら最高だ。(嫁はどストライクだったよ〜)

鼻がもげるくらいのハズレ(全然写真と違うじゃん)もいた…

この僕自身も相手にとってはハズレの部類なんだろうけど笑

でも誤魔化さずそのままの自分で始めてほしいな。

、、、

今日は書きすぎたので残りのメリットとデメリットは明日以降に書きたいと思います。

、、、

恋愛経験少ないブ男は今すぐにでも始めるべきだと思う。

あとプライド高い男も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です